いま話題?チューブが相場の価格より安い値段!

金属製の物干し竿の皮膜が剥がれてサビがつき困っていたところ!テレビで「ヒシチューブ」というものの存在を知り!竹竿でなくても大丈夫だろうと早速ネットで探して注文しました。しっかり収縮し良いものです。竿の長さが4mあるのでちょっと大変そうですが!使ってみるのが楽しみでもあります。

早速ご紹介♪

2017年02月01日 ランキング上位商品↑

チューブ物干し竿カバー ヒシチューブ (大) 直径3.8〜4.2cm用 (竹竿用) ~R~

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

とにかくお湯をかけるだけで面白いほど簡単にできます。完成後の仕上がりは満足です。お湯で簡単に被覆できますスチールに使用したため直径が細いので収縮に時間がかかり苦労しましたが!多量のお湯で何とか旨く行きました。圧縮するときには! ドライヤーではなく!熱湯のほうが簡単で見た目もきれいです。。寮の物干し竿がカバーが剥がれてむき出し状態で困っていましたが、たまたまこちらで見つけて購入しました。さお竹以外の用途で使用しました。これでまたシーツ等をサビを気にせず干すことができるようになります。新しい竿を買うよりカバーを買った方がただみたいなものですから絶対オススメです。